2010年05月20日

<中国毒ギョーザ>袋の穴を発見できず残念 中井公安委員長(毎日新聞)

 中井洽国家公安委員長は18日の閣議後会見で、中国製冷凍ギョーザによる中毒事件を捜査した千葉県警が当初、包装袋の穴を発見できなかったことについて「日本の証拠調べの方がずさんであったというのは誠に恥ずかしく残念」と述べた。

 その上で「事件を契機に、各県警が初動調査を十分慎重に、科学的におやりいただくことを強く望みたい」と苦言を呈した。

 警察庁は今月中にも中国に捜査員を派遣し、情報交換する。【合田月美】

【関連ニュース】
中国毒ギョーザ:千葉の被害者が食べた2袋にも穴 科警研
毒ギョーザ事件:日中警察会議が終了 捜査協力継続を確認
中国毒ギョーザ:警察庁で日中情報交換会議
中国毒ギョーザ:21日から日中警察会議
中国毒ギョーザ:21日から警察庁で日中情報交換

<訃報>作詞家の吉岡治さん 「天城越え」などヒット多数(毎日新聞)
<ハウステンボス>「ペットと来てね」…同伴を屋外全域で解禁(毎日新聞)
<水道事業>東京都などが検討の海外展開 総務省が「OK」(毎日新聞)
首相、知事会長に協力要請「沖縄の負担を少しでも軽くしたい」(産経新聞)
帰宅女性を10時間監禁、46万円奪う 容疑の4人を逮捕(産経新聞)
posted by ヨネムラ ヨシハル at 18:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

【ITエクスプレス】同期が便利なドロップボックス(産経新聞)

 ネット上のディスクスペースにデータを保存する「オンラインストレージ」は数多いが、米国のベンチャー企業が提供する「ドロップボックス」(http://www.dropbox.com/)が人気を集めている。2ギガバイトまで無料で使えるのも魅力だが、その仕組みがおもしろい。

 HPでアカウントを作り、専用のソフトをインストールすると、パソコン内に「My Dropbox」という専用フォルダーが作られる。ここに保存したいファイルをドラッグ&ドロップするだけで、専用フォルダーにファイルを残したまま、ネット上のディスクへ手軽にコピーを保存できる。

 ソフトを複数のパソコンに導入して同じアカウントを登録すれば、それぞれに専用フォルダーが作られ、ネット上に保存したファイルが自動的にコピーされるため、会社でも自宅でも同じファイルを利用することが可能だ。

 一番の売りは自動同期機能だ。いずれかのパソコンでファイル内容を更新すると、ネット上のファイルも同期して自動更新され、別のパソコンにあるコピーも最新データに置き換わる。常時ネット接続時代ならではの便利なサービスだ。(伊藤壽一郎)

【関連記事】
Google、Office文書のオンライン編集サービスDocVerseを買収
カレンダーやストラップ作成も HP、写真共有サービス強化
自分だけの写真集 フォトブックが人気
情報共有サイトユーザーのクレジットカード番号がGoogle検索で露出
Amazon、iPad向けKindleソフトを発表
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

4銘柄で利益1000万円超=あおぞら銀元行員を告発−監視委(時事通信)
小沢氏に国会で説明求める 自民の大島氏(産経新聞)
<凧あげ>大空高くバラモン凧 長崎・五島市(毎日新聞)
明細書の取り扱い、全医療機関で院内掲示を―厚労省(医療介護CBニュース)
谷亮子の「五輪、子育て、議員」 「3足のわらじ」に批判相次ぐ(J-CASTニュース)
posted by ヨネムラ ヨシハル at 08:41| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。