2010年03月17日

福井・敦賀1号機が運転開始から40年(産経新聞)

 日本原子力発電(原電)が昭和45年に営業運転を始めた敦賀原発1号機(福井県敦賀市、沸騰水型軽水炉、出力35.7万キロワット)は14日、国内の商業炉で初めて運転開始から40年を迎え、41年目の長期運転に入る。原電は平成28年まで運転を継続する方針を示している。

 国内で稼働している商業用原発54基のうち、30年を超過し、廃炉の表明がない原発は計18基。運転を継続した場合、今後5年で敦賀1号に続いて40年を迎える原発は8基ある。国内の原発は敦賀1号機を皮切りに、「高齢化」の時代に突入する。

 国内では今年11月に関西電力の美浜1号機(同県美浜町)が40年を迎える。関電は昨年11月、安全確保などを前提に延長運転の方針を示し、運転50年を想定した長期の保守管理方針などを経済産業省原子力安全・保安院に提出し、審査を受けている。また東京電力の福島第一1号機(福島県)が来年3月で40年を迎える。

 原発の寿命に国の規定はないが、各事業者は当初30〜40年の運転を想定していた。しかし新規立地が困難となる中、国は平成8年、「安全性を十分確認すれば60年の運転も可能」との認識を示した。

 原電は増設する敦賀原発3、4号機の着工が大幅に遅れたことを受け、平成22年としていた1号機の停止時期を3号機が稼働する28年まで延長。これに伴い、福井県は延長の中間にあたる25年に原電が保守管理やトラブルの状況を保安院に報告し、地元も確認する制度を原電と経産省に要請、同意を得ている。

【関連記事】
温暖化法案 過度の負担なくす修正を
空母引き渡し、軽水炉建設で基本合意 露印
福島社民党首、温暖化基本法案に「百%の納得ではない」
「原発推進」を明記 温暖化法案を閣議決定へ 民主内から反発も
関電社長に神野副社長が浮上 原発信頼回復に道筋、若返り図る
20年後、日本はありますか?

調書漏えい事件報道で和解=NHKが解決金支払い−東京地裁(時事通信)
民主・輿石氏、核密約認定は「政権交代の成果」(産経新聞)
東急田園都市線がストップ 週末の帰宅客に影響(産経新聞)
【二〇三〇年】第5部 日本はありますか(3)増える“日本人”(産経新聞)
宇都宮氏の活動、多重債務・地下鉄サリン・貧困(読売新聞)
posted by ヨネムラ ヨシハル at 19:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。